蘭子が教えるインクプリンターの目詰まり解消法【CANON/brother/EPSON】

サイトマップ
インクが出ない?目詰まり?プリンターのヘッドクリーニングガイド » OKIプリンターのインク目詰まりトラブル解消法

OKIプリンターのインク目詰まりトラブル解消法

canonロゴ
画像引用元:OKI公式HP
http://www.oki.com/jp/

OKIプリンターの目詰まりを解消するには?

LEDを用いたプリント技術で名高いOKIデータ社。複合機も取り扱っているOKIデータ社ですが、プリンターだけでも種類が豊富です。

使い勝手のよいプリンターは、長く使い続けたいものですよね。そこで、目詰まりトラブルが起こった際の対処法をご紹介します。

(1)LEDヘッドを清掃する

印刷物に縦の線が入ったり、文字がにじんだりする場合は、LEDヘッドが汚れている可能性が考えられます。まずはLEDヘッドの清掃を試してみましょう。

電源を切り、OPENボタンを押してトップカバーを開けると、トップカバーの裏面にLEDヘッドのレンズ面が4カ所あります。柔らかいティッシュペーパーで、レンズ面を軽く拭いてください。

この際、定着器ユニットは高温になっていて危険なので触らないでください。また、清掃には絶対にメチルアルコールやシンナーを使用してはいけません。本体の内部に直射日光や、約1,500ルクス以上の強い光を当てないことも忘れずに。

清掃が終われば、あとはトップカバーを閉じ、電源を入れるだけです。

(2)イメージドラムを清掃する

上記の捜査でも異常が治らず、印刷物に横方向の線が入ってしまう場合、イメージドラムに異常があるかもしれません。イメージドラムとは、トナー画像を形成するユニットを指します。

イメージドラムについている黒いシート状の部品のことを「遮光フィルム」と呼んでいます。ゴミや異物が付着している場合は、乾いた柔らかいティッシュペーパーで軽くふき取りましょう。遮光フィルムを折り曲げたり、引きちぎったりしないように注意してください。また、イメージドラム内にトナーを落とさないように注意です。

イメージドラムは光に弱いため、この作業はスピード性が肝心。LEDヘッド同様、直射日光と約1,500ルクス以上の強い光を当てないでください。また、室内の照明下でも、5分以上放置するとイメージドラムが傷ついてしまう可能性があります。

清掃作業工程でイメージドラム本体が傷ついてしまったら交換しなければなりません。長持ちをさせるために清掃を行っているにもかかわらず、作業中に壊れてしまっては本末転倒。プリンターは精密機械であるということを意識しながら作業にあたりましょう。

(3)印刷紙サイズを確認

文字が薄かったり、白地の部分が薄く汚れたりするなど上記以外の異常が発生した場合、問題はプリンターそのものではなく、用紙に原因があると考えられます。

厚さと大きさが適切でないものを使用していると、正常に印刷ができません。メーカーが指定している推奨紙を使うようにしましょう。

また、湿気を含んでいたり乾燥していたりすると、たとえ推奨紙でも正常に印刷ができません。印刷紙は適切な温度と湿度で保管してください。

(4)トナーカートリッジの交換

LEDヘッドやイメージドラムを清掃しても印刷の異常が治らない場合、トナーが切れている可能性があります。

トナーが少なくなると、操作パネルに、[* トナーコウカン ジュンビ](*はトナーの色を示します)のメッセージが表示されます。その際は新しいトナーを準備してください。[トナーコウカン ジュンビ]と表示されてから、約200枚程度であれば印刷できますが、[トナーガ アリマセン]の表示後は、印刷ができなくなります。

メッセージ表示はトラブルを防止のためのサイン

シアン(青色)、マゼンタ(赤色)、イエロー(黄色)のトナーカートリッジが寿命を迎えても、プリンターの設定で[モノクロ]あるいは[グレースケール]を指定すると、印字部をモノクロで印刷することはできます。

ただし、イメージドラムを傷つけてしまう可能性があります。[トナーコウカン]のメッセージが表示されたら、速やかにトナーカートリッジを新しいものに交換してください。無理やり印刷を続けることはやめましょう。

トナーの交換では取り扱いに注意が必要です。トナーが手に付着して目や口に入ったりしないよう、事前に取扱説明書をよく読み、適切な取り扱いを心がけるようにしてください。

日頃のメンテナンスが長持ちの秘訣

今回は目詰まりの解消法に着目しましたが、紙詰まりのようなトラブルも起きやすいもの。起こりうるトラブルや原因を事前に知り、長く使い続けられるように日頃からメンテナンスを行いましょう。

トラブル発生時には「昨日までは使えていたのに!」とパニックになってしまうことも。しかし、意外と簡単なことが原因でトラブルになっていることが多いのも事実です。

印刷がうまくいかないとき、すぐに業者に修理を依頼するのではなく、上記でご紹介した方法を一度試されることをおすすめします。

ヘッドクリーニング方法

電源を切りトップカバーを開け、LEDヘッドのレンズ面、およびイメージドラムの遮光フィルムに付着した汚れなどを、乾いた柔らかいティッシュで慎重に拭き取ります。清掃作業環境や注意点を正しく把握したうえで着手してください。

ノズルチェック方法

同社公式サイトの「ユーザーズマニュアル」を通じ、印刷時の不具合の事例と考えられる原因および対処法が配信されています。他社製品と同じ感覚で、独断でいきなり清掃作業に及ぶ行為は、故障の原因となり兼ねません。

印刷品質チェックを実行する

プリンターに起こりがちな目詰まり。使い続けていると、必ずといってよいほど起こる現象です。そんなときは慌てず騒がず、手順通りに正しい対処法で対策を試みましょう。また、清掃は定期的に行うことでプリンターの寿命を延ばすこともできます。長く愛用するために、ぜひ知っておいてください。

ページの先頭へ