蘭子が教えるインクプリンターの目詰まり解消法【CANON/brother/EPSON】

サイトマップ
インクが出ない?目詰まり?プリンターのヘッドクリーニングガイド » EPSONプリンターのインク目詰まりトラブル解消法 » ヘッドクリーニングを実行する

ヘッドクリーニングを実行する

EPSONのプリンター印字でトラブルがあった時はヘッドクリーニングを実行しましょう。ヘッドクリーニングの実行方法を紹介します。

キヤノンのプリンターの方はこちら CANONプリンターでヘッドクリーニングを実行する
ブラザーのプリンターの方はこちら brotherプリンターでヘッドクリーニングを実行する

ヘッドクリーニングでインク詰まりを解消!

エプソンプリンターのヘッドクリーニング実行画面

ヘッドクリーニングとは、インクを強制的に流すことによって、インクが詰まっている部分をキレイに流して色のかすれなどのトラブルを改善させる方法です。

ヘッドクリーニングは、プリンター本体にある液晶画面から行うこともできますが、繰り返して行う場合はパソコンで操作した方が簡単なので、ここでは、Windowsからのヘッドクリーニング実行方法を紹介します。

Windowsからのヘッドクリーニングを実行する

  1. スタートメニューにある「デバイスとプリンター」をクリックします。
  2. ヘッドクリーニングを実行したいプリンターのアイコンを右クリックし、「印刷設定」をクリックします。
  3. 「ユーティリティ」タブをクリックします。
  4. 「ヘッドクリーニング」をクリックします。
  5. 「スタート」をクリックします。
  6. 2~3回程度ヘッドクリーニングを繰り返したら、「ノズルチェックパターン」をクリックします。
  7. ノズルチェックパターンを見て、目詰まりが解消されたかどうかを確認します。

目詰まりが解消されるまで、4.~7.の動作を繰り返します。「ヘッドクリーニングは、プリンターを傷めるので2回までに」と言う説がありすが、実はそんなことはないそうです。

目安として2~3回くらい実行し、改善が見られるようであれば、もっと繰り返せばよいそうです。ただし、5~6回のヘッドクリーニングを実行してもノズルチェックパターンに変化がない場合は、頑固な目詰まりや、目詰まり以外の不具合が考えられますので、ヘッドクリーニングによる解決はあきらめましょう。

洗浄カートリッジを使って経済的にヘッドクリーニング

ヘッドクリーニングでヘッドが傷むことはありませんが、多くのインクを消費するのは確かです。通常の印刷の数倍のインクを消費するそうです。そのため、何回も実行することを躊躇する方もいると思いますが、目詰まりさせたままにもできないので、困ってしまいますよね。

そんな時には洗浄カートリッジを使いましょう。通常のインクカートリッジを取り外してセットすれば、ヘッドクリーニングでインクを無駄にすることはありません。また、洗浄液が目詰まりをより効率的に解消してくれるため通常のインクで行うよりもすばやく目詰まりを解消できます。洗浄液の成分はインクにもともと含まれている成分なので、安心して使用できます。

洗浄カートリッジを使ってヘッドクリーニングすれば、頑固な目詰まりも解消して、再び快適に使用できるかもしれません。故障だと諦める前に、ぜひ洗浄カートリッジを試してみましょう。

7社を比較!EPSONプリンター用洗浄カートリッジ価格一覧はこちら

洗浄カートリッジを使ったヘッドクリーニングよりもさらにおすすめな方法があります。「【裏技】目詰まり解消&プリンターを本当に長持ちさせる方法」で紹介していますので、ぜひ見てください。
この方法を使えば、インクを無駄にすることなく、簡単に目詰まりを解消できます。時間の無駄もなくて、とても経済的です。

関連項目

ページの先頭へ